書くことを当たり前にしていくためには…

学びのカリキュラムマネジメントを進めていくうえで大切なことは?
それは思考を表現(書く)ことを当たり前にしていくこと!
でもそれが当たり前の子どもたちを育てていくにはどうすればいいのかな?
そのために大切なことは2つ。
①書く時間をつくること
これは当たり前だよね。
でもただ「書け~!」といっても苦手な子は苦しくなっちゃう。
そこで大切なこと2つ目!
それは

②書き方を教えること
なんだな。
書き方がわからないとつらいもんね。
ということで、今回も教えましたよ。
教えたのは「列挙作文」

書き方は簡単。

〇〇を見て気づいたことが10個あります。
①・・・
②・・・
③・・・

と書き進めていくだけ。
「これなら書ける~!」
って子どもたちものりのり(^^)

まずはじめは練習。
テーマは「古Tを見て10!」(笑)
じっくりと観察してもらいましたよ。


IMG_1663.JPG
IMG_1664.JPG
IMG_1665.JPG


名探偵たちに靴の穴まで見つけられてしまいました・・・(笑)
これができるといろいろなところに活用可能!
例えば国語の詩の学習にも


IMG_1674.JPG
IMG_1675.JPG



みたいにね。
うまいぞ!
成長が楽しみだなぁ(^^)















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事

最近の記事

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村