4、「学び続けることの価値」をどう子どもに伝えていくのか?

4、「学び続けることの価値」をどう子どもに伝えていくのか? しかし、ここで、大きな問題があります。 それは 「学び続けることの価値」をどう子どもに伝えていくのか? という問題です。 幼い子どもたちに「学び続けよう!」と直接的に語りかけてもても伝わりにくいものです。 なぜなら、それは「大人側の言葉」だからです。 子どもたちは常に「今」を生きています。 それゆえ、子ど…

続きを読む

3、学び続ける授業を構築するために教師がしなくてはならないこととは?

3、学び続ける授業を構築するために教師がしなくてはならないこととは? (1)仲間がいること (2)成長が実感できること (3)失敗してもやり直せること これが存在するのが「学び続けていける」授業です。 そこに至るための「教師の役割」は2あります。 1つ目は、先ほどの「3つが存在する授業」を構築すること。 子どもたちが学校で過ごす大半は授業です。 この時間で子…

続きを読む

2ー(3)失敗してもやり直せること

(3)失敗してもやり直せること 仲間もいる。 一歩踏み出すことで成長する自分もイメージできる。 しかし、その一歩を踏み出す勇気が出ない。 誰もがそんな時を経験しているのではないでしょうか? (1)仲間(2)成長の実感 という条件を満たしても一歩先へ踏み出せない。 その原因はなんなのでしょうか? そこで人の学びをとめている原因。 それは 「恐怖」です。 失敗し…

続きを読む

2ー(2)成長の実感ができること

(2)成長の実感ができること 人が学び続けるために必要な条件。 その2つめとしてあげられることは「成長の実感」でしょう。 前よりも自分が成長している。 それを感じられる人は、自然と次の学びへの一歩を踏み出します。 逆に成長が実感できない感じられなければ人の足は止まります。 いくらやっても意味がない。 自分にはできないんだ。 そう思った時人は絶望に陥ります。 ドスト…

続きを読む

2ー(1)仲間がいること

2ー(1)仲間 人は孤独に歩むことはできないものです。 自分のことを理解してくれて、温かい言葉をかけてくれる人が存在する。 それだけで人は自分自身に対する尊厳を保ち続けることができるのです。 いじめを受け、八方塞がりになった子が苦しんだ末に「死」を選ぶ。 これは人が孤独の中で生き抜くことの難しさを示しています。 人は弱いものです。 どんなに強い人であっても、心の中の悩みがい…

続きを読む

人気記事

最近の記事

カテゴリ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村