学校の「常識」って本当に「常識」なのだろうか?

「どう教えたらいいのか?」 ではなく 「そもそも教えることはいいことなのか?」 と問う。 「どうしたら学校は楽しくなるか?」 ではなく 「そもそも楽しい学校は存在するのか?」 を問う。 「どうしたら楽しく学べるか?」 ではなく 「そもそも学びとは楽しいものなのか?」 を問う。 「どうしたらいい先生になれるか?」 ではなく 「そもそ…

続きを読む

失うから取り戻せる

一度失うから取り戻すことができる。 握らなければ放せない。 これに気づくことが矛盾を飲み込んでいくことにつながる。 教師はしばしば「握る」ことが悪だと考える。 失うことよりも得ることを優先する。 強いずに自由を語る。 しかし、ここに大きな矛盾がある。 放すためには握っていなければならない。 得るためには失っていなくてはならない。 強いないと自由は感じ…

続きを読む

語る言葉への戸惑いを踏みこえる

教師の語りとは削ぎ落とせるか? 教師の願いとは削ぎ落とせるか? それについて考えている。 それが今年度の課題なんだ。 人を育てる究極のゴールは自立。 自立とは本人が歩み続けられることだ。 「先生がいたから」 「先生のこの言葉があったから」 というところから 「自分はこう思うから」 に高めること。 以前読んだ本を読み返した時、 自分が今語り…

続きを読む

「見る」から「感じる」へ。耳をすますこと。

学び合いにおいて大切なのは耳である。 これは坂内さんとずっと対話を重ねてきて得た1つの結論。 だから、私たちはあんまり目で授業をモニタリングしていない。 常に耳で。 キンキン声、大声の説明、ばか笑い。 そういうものがあったら学びをストップさせる。 子どもたちって不思議なもの。 目でモニタリングをしていると、教師が見ていない時、学びの質がぐっと下げる子がいる。 耳…

続きを読む

「信じてついておいで」っていう言葉

「自分で考えてやってごらん」 という言葉は大切。 でもね。 「自分を信じてついてきなさい」 という言葉も大切。 そんなことに気づいたんだ。 「私を信じなさい」 これをよどみなくまっすぐに言い切ることができる自分であるか。 そこって実は学びを成立させるために大切なことだと思うんだ。 「信じろ」 と言い切る人はその先に 「絶対伸ばしきる!」 という気迫がある…

続きを読む

人気記事

最近の記事

カテゴリ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村