「語り」自体を削ぎ落としていくということ

語り続けて気づいたこと。 語りには段階がある。 教師自身が「できない」から「語らない」               ↓ 教師自身が「できない」けれど「語る」                ↓ 教師自身が「できる」から「語る」                ↓ 教師自身が「できる」けれど「語らない」 これが 「教師の語り」が力を帯びながら削ぎ落とされていく過程…

続きを読む

成長を生む教師と子どもの関係性

先生に何でも言える。 しかし、先生の話を聞こうと思える。 この関係こそ教師と子どもの目指すべき関係なのかもしれない。 「それはおかしい。 ぼくはこう思う。」 教師にそれをはっきりと伝えられるということ。 それは、 「教師がその言葉にしっかりと耳を傾けてくれる」 と子どもが思っている証拠だろう。 成長を生む「教師と子どもの関係」について考えている。 …

続きを読む

「姿」そのものに目を向けるってこと

「ねえ。これ見て。」 子どもたちに言われる場面はたくさんある。 「ここをこうしてね。こうなってね…」 一生懸命子どもたちが説明している時に何を見つめているか? ダメ出しをしてしてしまう心理。 それは指さすものを見つめてしまうから。 「ねえねえ。これみて。」 そう言われた時、その子が指差す先のものだけをみてしまう。 その子が作った作品。 その子が書いたノート。 …

続きを読む

みんな「自分が正しい」と思ってる

前回の記事の続き。 「偏った正しさを押し付けない」ためにはどうすればいいの? っていうこと。 これってすごく難しい。 だって、この世は 「正しさ」と「正しさ」のぶつかり合いだから。 「善意」と「善意」せめぎ合いだから。 「正しさ」を追い求めると苦しくなる。 だって「正しさ」は人の数だけあるものだから。 「◯◯のために」 っていう言葉って正義の味方が身に…

続きを読む

「偏った正しさ」を押し付けないこと

「学びから逃げる子」 勉強が大嫌い。 鉛筆ももちたくない。 机につっぷして何も聞こうとしない。 そういう子はどの教室にもいる。 自分は今までそういう行動を「だめなもの」と捉えてきた。 しかし、実際は違うんじゃないかな? 最近そんな風に感じるようになってきた。 勉強をしない。 学びに向き合おうとしない。 そういう子って実は 「誰よりも大変な…

続きを読む

「見捨てない」っていうこと

「気になるあの子」がちらちらと頭によぎる。 その状態なら「見捨てた」とは言わない。 人は相手を本当に見捨てたら、その相手は頭から消える。 「無関心」=「見捨てた状態」 なのだ。 それがわかれば、関係が悪くても自身にあたたかい言葉をかけられる。 「まだ見捨てちゃいない。これからだ」と。 近づけば近づくほど見えなくなるものがある。 それがわかれば違う方法が見えてく…

続きを読む

「あいさつ」を求めないあいさつ運動

ある理由からあいさつ運動を始めた。 「あいさつ運動」といっても、8時に校門に立ってハイタッチしてジャンケンをする。 ただそれだけ。 「おはよ〜!パン(ハイタッチ)!」 「最初はグー!ジャンケンポン!」 ただジャンケンするだけなのに、異様に盛り上がる校門。 ジャンケンに勝った子はガッツポーズ。 「友達に古Tに勝った!」 なんて友達に嬉しそうに報告しにいく…

続きを読む

夢中になれる実践

「古田君はまだ若いんだから、『これだ!』なんて一つに絞らずにいろんな実践を真似して実践するのが大切なんじゃない?」 これは昔からよ〜く言われる言葉。 (最近は歳をとったからあんまり言われなくなってきたけどね) でもこの言葉って自分の心には沁みない。 自分が先輩になったら、これとはまったく正反対の言葉を後輩にかけてあげるんだ。 「『これだ!』と思ってそれだけを探求し続けら…

続きを読む

本当に「考えて」る?

子どもたちの前に立った時にしか見えないものがある。 だから厄介なんだよな。 いつでも、どこでも感じられて、準備ができればもっと簡単なのになぁ。 その時、その状況に応じてどうするかを考える。 それができるようになるには「感じる」ことができることが大切。 教室に、子どもたちの心の中に何が起きているのか? その見えていない部分を。 子どもたちがやってこないこの夏休み期間…

続きを読む

もしかして成長できているんじゃない?

「子どもたちをよりよく成長させていきたい」 そんな言葉をよく聞く。 「成長」 これって自分もよく使う言葉。 でもさ。 そもそも「成長」ってどういうものなのだろう? そんなことを考える。 「成長したね」 なんて言葉をかけることがある。 それってどんな時かな? そんな時はたいてい、声をかける相手が何か上手くいった時。 もしくは上手くいかなくても一生懸…

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事