「3つの場の設定」

「考える場」「表現する場」「評価する(される)場」 この3つの場を積み重ねていくことで人は成長していく。 いかにしてこの3つの場を45分という授業時間の中に日常的に組み込んでいくか? それをぼんやりと考え始めている。 1、「考える場」とは? 人と話したり、人の話を聴いたりしながら、自らの考え方を練り上げていく場面。 ここで大切…

続きを読む

心を耕す

この一年間子どもたちが私に教えてくれたもの。 それは 「人は変われる」 ということです。 昨年の4月当初、子どもたちは戸惑いました。 自分たちで考える 自分たちで選択する 自分たちで創りあげる ということの価値がまだ心に刻まれていなかったからです。 …

続きを読む

何度も失敗できる=何度も挑戦できる

人が成長するために必要なもの。 それは「何度も失敗できる環境」だろう。 何度も失敗できる環境。 これを創りあげるのはすごく難しい。 人は失敗すると心の中に「恐れ」「不安」が生まれる。 それらはじわじわと心を侵食し、前進する気力を削ぎ落としていく。 たった一度の失敗がトラウマを生み、挑戦する意志を削いでいく。 そ…

続きを読む

「成長」の三段階

最近の子どもたちの様子を見ていて、ふと思い浮かんだことがある。 それは、「人の成長には段階がある」ということだ。 「子どもたちを成長させたい」 それは誰もが共通してもつ願いだろう。 その成長がどのように訪れ、どのような段階を経ていくのか。 今のクラスの子どもたちが教えてくれた。 これがわかると「焦り」がなくなる。 これが…

続きを読む

子どもたちが自ら学び出すために必要な条件とは?

昨日は参観授業でした。 その後の懇談会でたくさんの保護者の方々と話をしました。 「この1年間で子どもたちが変わった」 「子どもがすごくやわらかくなった」 などという言葉が多く聞かれ、すごく嬉しくなりました。 ありがたいことですね。 さて、こどもたちの成長を1年間見てきて、自分自身の中で明確になってきたことがあります。それは …

続きを読む

価値観を心に刻む語り方とは?

さて、今回お伝えしたいのは、 「価値観を子ども達の心に刻み込む語り方」 です。 これを「テクニック」としてではなく「在り方」にまで落とし込んでくださることを期待して書きたいと思います。 テクニックとして使ってもすぐ見抜かれますからね。 まずは、「語る」という言葉から。 何度も書いていますが、「話す」と「語る」は違います。 …

続きを読む

ガソリンが無限に湧き出てくる子ども達

前回から 車が「動き続けること」と「人が学び続けること」の共通点を探ってきました。 前々回の記事を読み返してみて、考えたことがあります。 それは 「先生がいなくても、自分で学び続ける子どももいるよなぁ。」 ということです。 これは車でいうと「ガソリンがなくても動き続けられる」という夢の車ですよね。 中にはこんな夢の車のよ…

続きを読む

教師の言葉には力がある。

排出されたものが再び燃料へと変わっていく。 そんな夢のような車があったら素敵ですよね。 だってガソリンを自ら生み出しながら走り続けられるのですもの。 きっとそんな車が生み出される日はきっと来るのでしょうね。 この夢のような車。 人に例えるとこうなります。 「疲れ」を「燃料」へと変えていける。 ここでのポイントはこの「疲れ…

続きを読む

人が「学び続ける」のも車が「動き続けるの」も仕組みは同じ!?

「学び続ける」 これは私の在り方の核です。 「学び続ける子ども達を育てたい」 これを追い求めていくことは、結局自分自身が「学び続けられる自己」でありたい。という願望へと繋がっていくんですね。 だって、学び続けられる自己を確立できたなら、自信をもってそれを語ることができますものね。 そんなことを常に考えていると、周…

続きを読む

メインテーマ決定

先日こんな話を聞きました。 「知識は行動することで知恵へと変わる」 どんなに素晴らしい知識も、聞いて学んだだけではたんなる「知識」でしかありません。 大切なのは、それを行動に落とし込んでいくこと。行動に落とし込むことで「知識」は自分に刻まれ、「知恵」へと変わるのだそうです。 その話を聞いて「なるほどなぁ。」と思いました。この言葉は我々の実践に密接に繋がってい…

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事