◯授業について考えたこと

◆「まね」って悪いこと? ◆「教えてあげることがすばらしい」って本当? ◆思考停止が生み出すものって? ◆「協力」と「おせっかい」 ◆授業は「共同創作」 ◆「主体的・対話的で深い学び」という言葉あそび ◆学びの主役になるにはどうすればいいのかな? ◆「主体的」って何よ?「対話的」って何よ?「深い」ってどゆこと? ◆「ズレ」と「困り感」という違和感 ◆「脳みそ」はいずれ追いつく …

続きを読む

おいでいただきありがとうございます(^^)

おいでいただきありがとうございます。 記事数が多くなってきたので、かんたんに、経歴と思考の過程をまとめておきます。 「furu-tってなにやつ!?」 と思った人はながめてみてください。                               (H30・1・6現在) 〈職歴〉    教師1年目〜教師7年目まで(福島・中学校国語教員)       ↓  教師8年目〜教師…

続きを読む

歩み(3校目・『学び合い』との出会い編)

7、いざ小学校へ 小学校教師としての毎日が始まりました。 私の担任する子は小学5年生。クラスの半数近くが妻が担任した子どもたちです。 この子たちと初めて対面した時感じたこと、それは 「なんてかわいいんだ」 ということです。 この心境の変化は自分をも驚かせました。 なにせ私は「子どもがかわいいと思えない」という悩みを抱いて小学校へ異動したくらいなのですから。 私の言うことをじっと聴…

続きを読む

歩み(2校目・小中一貫校編)

5、子どもは教師の手のひらにのせるもの? 新しく異動した学校はどこもかしこもピッカピカ。 新品の校舎は私の心をわくわくさせました。 小中一貫校ということもあり、小学校と中学校が同じ校舎でつながっています。 しかも、職員室は小中の先生が一緒なのです。 初年度は私は中学校一年生担任をしていたため、すぐ後ろが小学校6年生の先生方という環境でした。中学校教師でありながら、小学校の息づかいを感じ…

続きを読む

歩み(初任校編)

1、学校の先生になりたい 「大きくなったら学校の先生になりたいな」 漠然とそんな想いを抱き始めたのは中学校2年生の頃でした。その当時担任だったK先生は大学を卒業して2年目の国語の先生でした。いつも明るく、いろんなことを教えてくれる。常に自分たちに寄り添ってくれる「アニキ」のような存在でした。K先生は私をとてもかわいがってくれました。今思えば誰にでも優しく接していたのでしょう。しかし、私にはそ…

続きを読む

人気記事

最近の記事

カテゴリ

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村