プリント配付ボックス

この前も書いたことだけど。 http://manabitudukeru.seesaa.net/article/444767468.html 学校って1日に渡す配付プリントの量がはんぱない! 1日平均で5,6枚ぐらい。 多い時は10枚ぐらい。 学校、学級からのおたよりもあれば、アンケートのお知らせ。 体験学習のチラシに、地域の催しのお知らせまで。 これを渡すだけで、10分近く…

続きを読む

美容師さんの真似をしました

「あれ便利だなぁ。なんかかっこいいし。」 髪を切りに行った時にそんなことを感じた。 目を奪われた「あれ」って何か? それは美容師さんの腰にある「あれ」ですよ。 美容師さんの腰にあるあのバッグ。 たくさんのはさみが入っていて、切る場所によってはさみをかえる。 切っているかと思ったら、すっとしまって、くしを取り出す。 まさに、「職人」って感じ。 あれすごくいいよなぁ…

続きを読む

後ろ向きな理由

日々気をつけていること。 それは「仕事は早めに終わらせておく」ということ。 学校の仕事、学年の仕事、日々の授業の準備、次の単元の準備… すべてにおいて早め早めに対処しておく。 職員会議で提出物のお願いがあったら、すぐに取りかかり3日以内には提出する。 なぜ、仕事を早めに終わらせておくようにしているか? それには2つの理由がある。 1つは前向きな理由。 もう1つは後…

続きを読む

職員室ってこう使うのか…

1学期もそろそろ終わりに近づいている。 振り返ると、この1学期は今までモヤモヤと考え込んでいたことがすっきりとつながる学期になったように感じる。 授業の進め方、学級経営、校務分掌まで。 様々なものの中に「あぁ。そういうことだったのね!」という気づきが生まれている。 この感覚は今までにない感覚だ。 点としてしか気づいていなかったもの線に、そして面に。 次々と広がって…

続きを読む

震災から学んだ仕事の在り方

仕事に大きい・小さいはある。 しかし大きさに関わらず、まずやるべきなのは足元の仕事なんだ。 数年前に学んだことが今も胸に息づいている 5年前、東日本大震災が起きた。 自分の住んでいた郡山市は福島県の中心。 津波の被害はなかった。 原発の影響も少ないと当時は考えられていたため、多くの人たちが原発周辺から避難してきた。 避難所は悲惨な有様。 希望をなくした大人…

続きを読む

仕事を倍速にするために

情報をいつでも引き出せる状況を整える。 ただそれだけで、仕事の質と効率は大幅に上がる。 今まで、試行錯誤を続けた中でやっとそれが腹の底に落ちる 情報をいつでも引き出せるようにする。 こう聞くと、 「整理整頓をして、しっかり分類分けをする」 と考えがちだ。 私もそう考えていた。 しかし、そうではないことに気づく。 「分類分けをきちんと行って、情…

続きを読む

今年度つかんだ仕事のしかた

自分が重い荷物を抱えているのに、お年寄りの荷物をもってあげることはできない。 相手の役に立ちたいと本気で思うなら、まずは自分のやるべきことをきっちり終わらせておくことが大切。 「何かやることはありますか?」と言える状況をいかに整えるか? 「お願い、助けて」と言われる状況をいかにつくっていくか? これが仕事を進める上で大切なこと。 それは学び合いにおける上位の在り…

続きを読む

価値は生み出すもの

必要ないと感じたことはやらない。 ずっとそれを貫いてきた。 しかし、最近はその考え方が変わってきた。 「本当に必要なことをやるために、必要のない(と思われる)こともしっかりやる」 のだと。 「必要」「不必要」という線引きをするのではなく、それらをつなげていくことで様々なことが見えてきた。 不思議なことに、そのような視点に立てる…

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事