「まね」こそ「まなび」

「まなぶ」ことは「まねぶ」こと。 これを4月からずっと伝え続けてきたのです。 まねをする→まねをされる⇒まねをし合える こんな風にかしこい関係は広がっていくんだな。 人のまねができるってことは「人のいいところを見つけられる」ってこと。 人のまねができるってことは「関係が開いている」ってこと。 これがわかれば、子どもたちの学びってぐっと進んでいくんだよね。 ということで、…

続きを読む

んっ?何か使いこなしちゃってるし。

算数は「たし算とひき算」の学習中! 12時間の学習予定の3時間目です。 やる気まんまんの子がたくさんの今のクラス。 3時間目なのにすでにもう教科書の内容を学び終えている子が数人。 聞いてみるとおうちで予習をしてきたとのこと。 「算数楽しい~!」 「もっとやりた~い!」 そんな声がたくさん聞こえるのですよ。 なんて幸せなのかしら。 教科書の内容が終わっても、まだまだ学びは終わ…

続きを読む

原稿用紙はこんなものを使ってます(^^)

先日紹介した「魔法のレポート用紙」 http://manabitudukeru.seesaa.net/article/449275650.html 魔法ってほどじゃないですけど(笑) 楽しく書くための一工夫です。 ちなみに原稿用紙を使うときもあります。 レポート用紙を使うときは思考を自由に広げたいとき。 原稿用紙を使うときはある程度フレームを設けたいときかな? 慣れてくると原稿…

続きを読む

「型にはまった人になっちゃうんじゃない?」という疑問

けっこうまえに、この学びのカリキュラムマネジメント(あの頃はインタラクティブカリキュラムといっていましたが)の実践を発表したときにこんなことを聞かれました。 「型を意識して書かせれば書かせるほど型にはまった人になっちゃうんじゃない?」 うむむ…わかるなぁ。その気持ち。 でもね。 それはこの「学びのカリキュラムマネジメント」を技術として見ているわけで。 そして、それをうまく伝え切…

続きを読む

理科のレポートってどう書いてるの?

理科のレポートについてちらっとご紹介いただいたので書いてみようかなと思います。 http://suponjinokokoro.blog112.fc2.com/blog-entry-3028.html 石川さんは「坂内・古田方式」と書いてくださいました(笑) 理科のレポートも国語とのカリキュラムマネジメントを意識して書かせてますよ~。 使うものはA3の紙! 以上! 後ろには前回記事…

続きを読む

魔法のレポート用紙

基本的に私はあんまりノートに書かせないです。 たくさんたくさん書かせるので、すべて集めると持ち運びが重いから…。 そのかわりノートは自立学習でばんばん使う感じ。 子どもたちによく書かせるのは 「原稿用紙」か「レポート用紙」です。 今日はレポート用紙の方をご紹介。 レポート用紙といっても、ただの白い紙。 わくがない所に考えをまとめるのって実はめちゃくちゃ難しい。 当初はこん…

続きを読む

「表による対比」を使いこなせ!

どんな教科にも応用可能な型。 これをしっかりと教えてあげると、子どもたちの書く力はぐんぐん伸びていきます。 その型の1つとしてこの前紹介したのが「列挙作文」です。 http://manabitudukeru.seesaa.net/article/449166594.html 今日はそれに加えてもう1つ。 「表による対比」です(^^) 先日もちらっと紹介しましたが、国語「きつつ…

続きを読む

算数でも書き方を教えました!

算数は「かけ算のきまり」の学習をじゃんじゃん進めてます。 子どもたちに何度も伝えているのはたった1つ。 かしこさの階段をのぼろうぜ! ってこと わかる→できる→説明できる→伝えられる この階段をのぼろうぜ! そんなことを伝えていくと、 「問題といたらはい終わり!」 なんて子がいなくなっていくんだな。 「古T!レポート用紙ちょうだい!説明するから!」 なんて言葉…

続きを読む

書くことを当たり前にしていくためには…

学びのカリキュラムマネジメントを進めていくうえで大切なことは? それは思考を表現(書く)ことを当たり前にしていくこと! でもそれが当たり前の子どもたちを育てていくにはどうすればいいのかな? そのために大切なことは2つ。 ①書く時間をつくること これは当たり前だよね。 でもただ「書け~!」といっても苦手な子は苦しくなっちゃう。 そこで大切なこと2つ目! それは ②書き方を教え…

続きを読む

かけ算のきまり

算数は今「かけ算のきまり」の学習中! カリキュラムマネジメントを行っていくうえで大切なことは 「思考を可視化するくせをつける」 ってこと。 それは どの学習においても大切にしていま~す。 もちろん算数でも同じ。 「13×9。どうやって計算する?」 子どもたち夢中になってやっていましたよ。 自分の思考を可視化することを当たり前に…

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事