魔法のレポート用紙

基本的に私はあんまりノートに書かせないです。 たくさんたくさん書かせるので、すべて集めると持ち運びが重いから…。 そのかわりノートは自立学習でばんばん使う感じ。 子どもたちによく書かせるのは 「原稿用紙」か「レポート用紙」です。 今日はレポート用紙の方をご紹介。 レポート用紙といっても、ただの白い紙。 わくがない所に考えをまとめるのって実はめちゃくちゃ難しい。 当初はこん…

続きを読む

「表による対比」を使いこなせ!

どんな教科にも応用可能な型。 これをしっかりと教えてあげると、子どもたちの書く力はぐんぐん伸びていきます。 その型の1つとしてこの前紹介したのが「列挙作文」です。 http://manabitudukeru.seesaa.net/article/449166594.html 今日はそれに加えてもう1つ。 「表による対比」です(^^) 先日もちらっと紹介しましたが、国語「きつつ…

続きを読む

算数でも書き方を教えました!

算数は「かけ算のきまり」の学習をじゃんじゃん進めてます。 子どもたちに何度も伝えているのはたった1つ。 かしこさの階段をのぼろうぜ! ってこと わかる→できる→説明できる→伝えられる この階段をのぼろうぜ! そんなことを伝えていくと、 「問題といたらはい終わり!」 なんて子がいなくなっていくんだな。 「古T!レポート用紙ちょうだい!説明するから!」 なんて言葉…

続きを読む

書くことを当たり前にしていくためには…

学びのカリキュラムマネジメントを進めていくうえで大切なことは? それは思考を表現(書く)ことを当たり前にしていくこと! でもそれが当たり前の子どもたちを育てていくにはどうすればいいのかな? そのために大切なことは2つ。 ①書く時間をつくること これは当たり前だよね。 でもただ「書け~!」といっても苦手な子は苦しくなっちゃう。 そこで大切なこと2つ目! それは ②書き方を教え…

続きを読む

かけ算のきまり

算数は今「かけ算のきまり」の学習中! カリキュラムマネジメントを行っていくうえで大切なことは 「思考を可視化するくせをつける」 ってこと。 それは どの学習においても大切にしていま~す。 もちろん算数でも同じ。 「13×9。どうやって計算する?」 子どもたち夢中になってやっていましたよ。 自分の思考を可視化することを当たり前に…

続きを読む

学びのカリキュラムマネジメント始動!

新年度スタートですね。 この時期にもカリマネをできることはたくさんありますよ〜 まずは 「国語×理科」 でいってみましょ〜。 国語「きつつきの商売」で学ぶことはこれです! 1の場面と2の場面の比較。 これって実はどの学びにも大切な要素なんですよね。 これを理科の「日なたと日かげ」の学習に応用しますと… こんな感じ! はじめてでこ…

続きを読む

★重版出来!★

冬休み早々嬉しいお知らせが入る。 おお。今年最後に 今年の夏に出版された 「子どもの書く力が飛躍的に伸びる 学びのカリキュラム・マネジメント」 が重版となったとのこと。 読んでくださった方々。 本当にありがとうございます。 思えばちょうど一年前の冬休みは、この本の執筆中でした。 編集さんとみゆき会の3人で、ごにょごにょ相談しながら楽しく書き進めた本。 漫画家さん…

続きを読む

カリマネ講座の振り返り

「わかる」と「できる」は違う。 今回の「学びのカリキュラムマネジメント講座」では「わかる」と「できる」の間をいかに往復していくかというテーマがあったように思う。 「わかっていてもできていない」 「できているようでわかっていない」 自身を振り返ると、これがいかに多いことか。 「学びのカリキュラムマネジメント」実践。 これはみゆき会の3人を含む数人のチームで5年ほ…

続きを読む

つなぐ つなげる つながる学び

「あっ!この人知ってる!」 小学2年生の娘が今はまっているもの。 それはマンガで書かれた偉人の伝記。 図書館に行くと必ず数冊はかりてくる。 今日借りてきたのは「ナポレオン」 読み進めていた娘が声をあげた。 本に目を落とすと、そこのコマには「カエサル」と「アレクサンドロス大王」が描かれている。 「この人この前借りてきて読んだ人だね」 大発見をしたよう…

続きを読む

教頭先生に読んでもらう

「この本さ…」 夏休み4日目。 朝の職員室。 「教頭先生。先日話していた本ですが、ついに出来ました!」 私は一冊の本を差し出した。 「あら〜。とうとうできたのね!」 教頭先生の顔がパッと明るくなる。 「ぜひ、読ませてもらうわね。」 本を受け取り、すっと席に座る教頭先生。 教頭先生は全体をペラペラとめくった。 自分はそれを見つめる。 …

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事