お茶の水女子大学附属小学校公開での学び

2月16日(木)と17日(金)の2日間。 道外研修として御茶ノ水女子大学附属小学校の実践発表会に参加させていただいた。 参加する中で思考が揺さぶられる場面が多々あり。 備忘のために思いつくままにまとめておこうと思う。 1、「てつがく」という授業とは? どのクラスもサークルになり対話をしている。 それが子どもたちにとっての日常。 低学年は「みがく」 中学年、高…

続きを読む

学び合いフォーラムでの学び

「学び合い」の成立条件って何? それはね「在り方」だよ。 それはね「その人」だよ。 それはね「信念」だよ。 それはね「魂」だよ…。 「そんな抽象的なことばっかりいってないでもっとしっかりと言語化しなさい!」 っということで決まった今回の学び合いフォーラム分科会のテーマ。 いやはや。打ち合わせなし。台本なし。まったくのノープランで始まった今回…

続きを読む

本日得たこと。

実践を発表する場をいただいた。 こういう場で一番学びをもらえるのは自分自身。強くそう感じた。 課題もたくさん見つかったが、得られたものはそれ以上だった。 伝えても伝えきれないことがある。 何を伝え、何を削ぎ落とすか? 思考を再度「整理」する必要があると強く実感。 今日一番の学び。それは生活科、総合学習の変遷を学ぶ中で見た一枚の写真。その写真には大…

続きを読む

まずは「遠くにある目的」

夏休みに初任者の方にお話をする機会をいただいた。 うれしい反面、責任重大。 まだまだ未熟な自分が若い先生方に伝えられることって何なんだろう? そんなことを考え始める。 若い教師が成長していくために必要不可欠なことは何か? そう問われたらどう答えるかな? いろいろ考えたけどやっぱり答えは 「目的を意識すること」なんだと思う。 自分は何を…

続きを読む

「方法」と「人」を超えて

村山紀昭さんの主宰する「教育人間塾」に私の大切な友人の坂内智之さんがきて話をしてくださいました。 発表内容は 「放射線教育の実際と課題」 「これからの授業とは~方法と人を超えて」 の二本立てです。 坂内さんとは郡山の赤木小学校時代の同僚。 毎日たくさん話をして、教育に対する大切な核となる部分を私に気づかせてくれた人です。 …

続きを読む

阪本啓一さんとの再会

昨日は阪本啓一さんのセミナーに参加させていただいた。 阪本さんとは福島で勤務していた時以来、2年半ぶりの再会。 阪本さんのブログ http://www.kei-sakamoto.jp/archives/2264 今回のセミナーのテーマは 「たった1人を確実に振り向かせると、100万人に届く」 というもの。 これ…

続きを読む

素敵な時間をいただけたことに感謝

「学び続ける子どもの育成を目指して」 というタイトルで教育人間塾において発表させていただきました。 自分が今まで歩んできた道を振り返りながら、試行錯誤した日々をかみしめるように発表させていただきました。 いつも思いますが、私は本当に周りの方々に恵まれているなぁ。と感じます。 たくさんの方が、「うんうん」と頷きながら聴い…

続きを読む

「人望論」を体現した会

金曜日、村山紀昭さんが主宰されている教育人間塾へ参加した。 私が札幌に来てから欠かさず参加している素敵な勉強会である。 なぜだろう。 どんなに忙しくてもこの会には参加したくてたまらなくなるのだ。 それは、村山さん、はじめ参加者の方々が温かく私を包み込んでくださるからだと思う。 参加されているどの方々も私のような若輩者の話に真剣に耳を傾けてくだ…

続きを読む

横藤先生。ありがとうございました。

「子どもに憧れられる大人であるか?」 これが心に響いた。 先週の土曜日。 「北海道子どもの姿を語る会」に参加した。 講師は横藤雅人校長。 教育人間塾でもお会いしていて、魅力を感じていた方だ。 そんな人の在り方をじっくり聞かせていただく機会。ありがたい。 教育は織物。 「縦糸」は強すぎず、弱すぎず、適度な幅…

続きを読む

圧巻!子ども未来会議

昨日、仙台市体育館で「子ども未来会議」が行われた。 集まった子ども達約30名。 子ども達を5つのチームにわけ、それぞれのテーマで話し合いを行った。 話し合った内容はこちら。 ?学び続ける子ども   君達がしている勉強ってどんな勉強?   やってみてどう?   自分のしている学習を説明できる? …

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事