「問いをもつこと」は「考えること」

「問いをもつ」ということは「多くのことを考える」ということ。 確かにそうだと心から思う。 思考停止に陥っている人の頭の中には間違いなく「問い」はない。 「問う」という行為は「考える」ということへの入り口なのだ。 しかし、そうは言っても「問いをもつ」ということは難しいものだ。 私たちが育ってきた学校制度において大切なのは「問い」よりも「答え」だからだ。 「発問」とい…

続きを読む

成長の可視化

「◯◯のために◯◯が必要なんだ」 数年前まで自分はこんな言葉を振りかざし続けていたと思う。 しかし最近はこういう言葉をあまる使わなくなったように感じる。 わざわざ力を入れずに語らなくても、伝えることができるようになってきたのかもしれない。 「◯◯のために◯◯が大切」 この言葉は物事のスタートラインとしては大切だろう。 しかし、時間の経過にしたがっ…

続きを読む

「自分」と「世界」との距離を広げていく

自分と世界の距離を広げていくこと。 これが「成長する」ということなのだと感じている。 幼い子どもたちは「自分」と「世界」の距離が短い。 「自分」=「世界」なのだ。 「自分」がいやならばいや。 大切なのは「自分がどう思うか?」なのだ。 自分の中に自分がはりついている状態。 だから世界を「自分の目」「自分の感じ方」を通じてしか見ることができない…

続きを読む

視点の違い

最近考えること。 それは「子どもたちと、私たち大人では身につけるべき能力が違う」ということ。 何となく気づいていたが、体感としてストンと落ちたのはここ最近のことだ。 当然のことながら子どもたちは生きてきた経験が短い。だからこそ未来に思い煩わされることなく、常に「今」を感じながら生きることができる。 しかし「未来」という概念が薄いために、先に起こることについて…

続きを読む

「怒られたくない」から「しっかりとやる」?

「怒られたくないからしっかりとやる」 と 「悲しませたくないからしっかりとやる」 は結果としての行動は同じでもまったく違うものだ。 「怒られたくないからしっかりとやる」 これは相手(教師)への恐怖心による行動だ。 しかし、「悲しませたくないからしっかりとやる」は違う。 これは相手(教師)を大切にしたいという想いが込められた行動。 …

続きを読む

人気記事

最近の記事

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村