【協働学習 犯しがちな失敗】⑦

★学級崩壊じゃないよね…? (授業中) 子どもたち: ワイワイ・・・ガヤガヤ・・・ 「あはは!なんだよそれ。」 「えっへっへ。」 「(大きな声で)だってこれはさあ!」 「すげ~!!がはははは!!」 教師(心の声):  …これってちょっと良い雰囲気じゃないよなぁ…  学びが深まっているようには見えないし。  ちょっと注意をしたほうがよさそうだな… 教師:…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】⑥

★学び合う声がうるさ~い!編(話し合いのよしあしを感じ取る) 教師: 「さあ話し合いを始めましょう。どうぞ。」 (集まって学び出す子どもたち) (数分後…キンキン声が響く教室。) 子どもたち: 「あはは。なんだよそれ。」 「ふふふ・・・。」 「(大きな声で)だってこれはさあ!」 「すげ~!!がはははは!!」 教師: 「うんうん。 みんな積極的に学び合ってい…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】⑤

★苦手な子がだまりこんじゃう編(大切なのは「教えて」と言えること) 苦手な子: 「…。」 教師: 「○○くん。これわからないんでしょ? 早く聞きにいっておいで? ○○くんなんてすごく進んでいるよ。」 苦手な子 「…。」 教師: 「○○くん。  じゃあ、あの子はどう?  すごく得意みたいだし。聞いておいでよ。」 苦手な子  「…。」 【何が…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】④

★できる子が調子にのって教えちゃう編 (授業中盤。早く終わった子が歩き出す。) 「だれか~わからないことある人いませんか~」 「教えてあげるよ~」 教師: 「うんうん。これでいいんだ。みんなのことをしっかり意識できているなあ。」 (授業終了後。数人わからない子が取り残されている…) 教師: 「早く終わった人は何をやっていたんだ!先生はみんなができるよう…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】③

★勉強が得意な子を苦手な子と組ませてしまう編(ゆるく繋げる) 教師: 今日の学習では 「みんなが○○をできるようになりましょう。」 ではどうぞ。 (勉強の得意な子(Aくん)が早く終わる。) (勉強が苦手な子(Bくん)はわからなくて悩んでいる) 教師: Aくん。終わったの?じゃあBくんに教えてくれる?お願いね。 (Aくんは一生懸命Bくんに教えるがなかなか伝わらない…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】②

★「全員が」編(「全員が」は続かない) 教師: 「今日の課題は『全員が○○をできる』です。それではどうぞ!」 <終わった子が遊び始める。ざわめき始める教室> 「○○くん(勉強が得意な子)。 課題はできたのかい?周りを見てごらん? 本当に『全員』ができているかい?あと何人終わっていない?先生は1人も見捨てないクラスにしようといつも言っているはずです。 しっかりやりなさ…

続きを読む

【協働学習 犯しがちな失敗】①

★「信じて任せる」編 教師: 「全員で協力して○○ができるようになってください。はいどうぞ!」 数分後… 教師: 「子ども達の動きがよくないなぁ。なんかみんなバラバラに学んでいる感じ。 でも『子どもたちには力がある』っていうしな。 ここは何も言わずに見守ろう。この子達ならきっとできるさ! それが『信じる』ってことだよね!!」 <授業終了時間> 数名が課題達成な…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために(まとめ)

「自立」に向かう話し合いを創るために① トラブルを成長へ http://manabitudukeru.seesaa.net/article/445740907.html 「自立」に向かう話し合いを創るために② 向き合うことの価値を刻む http://manabitudukeru.seesaa.net/article/445741581.html 「自立」に向かう話し合…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために⑦

(7)低学年への語りかけって? 幼い子のトラブルの時に決まって耳にするセリフがある。 それは 「ごめんね」 「いいよ」 というもの。 ケンカのあとのお決まりのセリフ。 しっかり謝る。 しっかり許す。 これをしっかりと学ばせたいものですね。 このやり取りはそういう気持ちのもとに展開されている教育なんでしょう。 それを言わせる気持ちはわかるよね…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために⑥

(6)告げ口から話し合いへ 「先生。◯◯くんがね…」 このように人のやっていることをいちいち教師に告げ口にくる子はどのクラスにもいるもの。 こういう子は、問題の解決を人(教師)にまかせている。 つまり、話し合いか逃げているのだ。 このような子が「告げ口」に来たとき、 それを「チャンス」と捉えられるかどうかで、クラスの成長度は変わってくる。 とはいっても… 「先生。…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために⑤

(5)前を向いているか、後ろを向いているか? 「ゴールを見つめ」て「わたしメッセージ」を用いてもなおうまくいかない時があります。 その時、大切になってくるのが2つ目の視点だ。 それは 「前向きな話し合い」か? 「後ろ向きな話し合い」か? ということ。 さっきあげた悪い話し合いの例。 A「ねえ。どうしてあの時あんなことしたの?」 B「えっ?だってそっちがあの…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために④

(4)あなた(you)メッセージ・わたし(I)メッセージ A「ねえ。どうしてあの時あんなことしたの?」 B「えっ?だってそっちがあの時こんなことしたからじゃん。」 A「えっ?ちがうよ。あれはそっちがあんなこと言ったでしょ!」 B「はっ?そんなこと言ってないし!」 A「ぜっったい言った!!」… この話し合いにに足りないものとはなんでしょうか? 2つ目に挙げられるのは …

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために③

(3)話し合いを前進させるために大切なことを語る 「トラブルが起きる」=「だめなこと」 と捉えているうちは、話し合いはうまくいかないものです。 「トラブルが起きる」=「当たり前」のこと それを乗り越えようとすることが成長への一歩なんだ。 そんなことを語り続けて、価値として形成されるにつれて話し合いはうまくなっていくのです。 しかし、価値をいくら語っても、話し合いがう…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために②

(2)向き合うことの価値を刻む まず初めに大切なこと。 それは、「向き合う」ということに対する価値を形成していくことです。 新年度、どのクラスにも語ることがあります。 それは 「素晴らしいクラス」とはどんなクラスか? という話です。 「素晴らしいクラス」 とはどういうクラスだと思う? 子どもたちに聞くと様々な答えが返ってきます。 「仲がいいクラス」 「チーム…

続きを読む

「自立」に向かう話し合いを創るために①

「自立」に向かう話し合いを創るために (1)トラブルを成長へ 人と人が集まる場所にはトラブルがつきものです。 学校という場も同じ。 子どもと子どもが互いにぶつかり合う場面はどの教室にも見られるものです。 …数年前の出来事 「先生!A君とBちゃんがケンカしちゃいました!」 昼休みが終わり、 「掃除やるぞぉ~!」と意気込んで教室に入ってきた私の耳にこんな声が。 みる…

続きを読む

話し合うほど仲が悪くなる原因

教育の最終ゴールは「自立」。 だからトラブルが起きても、自分たちで解決できるようになってほしい。 …ということで、ケンカをしてしまっても自分たちで話し合いをさせてきた。 でも、この話し合いがうまくいく時と、うまくいかない時があるんだな。 1学期なんかは、その話し合いの文化がないからもう大変。 話し合いをさせると、逆に仲が悪くなったりする。 でも、学級に「話し合い」というも…

続きを読む

世界を広げる2つの可視化

子どもたちを成長させていくためには「距離を広げる」ということが大切。 これは前に書いたんだけど それをどうやって体現させていくか?っていうのが難しい。 今回は、その感覚を授業でどうやって子どもたちに感じさせていくかという話。 例えば、 ・誰とも関われずに、1人ぼっちで学んでいる子 ・仲良しグループの子とは関われるけど、そうでない子とは関わろうとしない子 ・頭はい…

続きを読む

続けられるのはなぜ?

何かを続けていくために必要なことってなんだろうか? やっぱり「楽しさ」だろうか? う〜ん。 でも初めはさっぱり楽しくなかったのに、いつの間にか楽しくなっている時だってあるよな。 そう考えると入り口は「楽しさ」ではない時もあるよなぁ。 「楽しい」から「続けられる」という時もある。 「続けていく」うちに「楽しく」なっていく場合もある。 「継続」へ至る入り口は1つで…

続きを読む

(□-□)✧ ②

(4)なんのために学校にいくの?? (□-□) ゆきお。 ずばりきくぞ? 学校ってなんのためにいくんだと思う? ( ̄0 ̄) えぇ~。 学校?? そりゃ勉強するためなんじゃない? 担任の先生もいつもいってるよ。 「勉強しろ」「勉強しろ」ってうるさいんだよな。 (□-□) うんうん。 普通そう考えるよな? でも、本当にそうか? 勉強するだけだった…

続きを読む

(□-□)✧ ①

(1) 「なぞのこえ」 ( ̄0 ̄) ↑彼の名は「ゆきお」 勉強がだいっっっきらいな小学5年生。 口ぐせは「めんどくせー」 なにをやるにもこの言葉が飛び出す。 宿題なんて「めんどくせー」 勉強するより、となりの子に頭を下げて見せてもらった方がましさ! という考えの男の子。 今日もゲームに夢中になるゆきお。 お母さんの 「いいかげんにもうねなさい」 という言葉を無…

続きを読む

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

最近の記事