心を亡くすと、思考が止まる…のよね

この記事を見て感じたこと。 http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170721-OYT8T50003.html いいなぁ。 先生たちの語り合いの場。 ああ 「そもそも学校って何をするところなの?」 って話をもっとしたいな。 どんな風に進めますか? どんなことをさせる? どんな教材を使いますか? なんて話…

続きを読む

「表」づくりのハードルを下げちゃおう

「うちのクラスの子、表にまとめるのがうまくできなくて…。  なんかいい方法ないですか?」 なんてこの前メールでこんな質問を受けたんだな。 確かに、じょうぎで線をひくのもハードルが高い子もいるものね。 あんまり考えたことなかったけど、こういう質問ってありがたいよね。 自分があんまり考えたことなかったことを掘り起こしてくれるから。 ってことで、夏休みは子どもたちのレポート…

続きを読む

「自由」?研究

「自由研究」 って本当に「自由」なのかな? ある人の投稿からこんなことを考えてみる。 「自由」ってここでいうと、「テーマ」の部分なんだろうな。 でも、本当に「自由」というなら、 やらないことも「自由」というなるんだろうか? 「自由」にテーマを選べる研究 なのか 「自由」を獲得するための研究 なのか 「自由」を使いこなすための研究 なのか? 「自由研究」で「自由」ついて調べ…

続きを読む

「わかったつもり」「できたつもり」から一歩上に

かしこさには段階がある。 それを前に「かしこさの階段」っていう形にして表したんだけど。 ちょっと伝えるのが難しい部分があったんだな。 その記事はこちら かしこさの階段 特にここの部分。 「わかる・できる」     ↓ 「説明できる」「伝えられる」 っていうところ。 どうやってこの階段を上ればいいのかな? そんなことを考えていかない…

続きを読む

主体的・対話的で深い系の学び的なエントリー

「主体的・対話的で深い学び」を促す授業 と 「主体的・対話的で深い学び的」なものを促す授業 はちがうの? これって面白い。 だって、最後にたった1文字「的」をつけるだけで一気にもやっとしちゃうもんなぁ。 子どもたちに、 「学校を君たちに学びがある場にしたい!」 とはいうかもしれないけど 「学校を君たちに学び的なものがある場にしたい!」 なんて言わないものね(笑) …

続きを読む

人気記事

最近の記事

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村